Pocket

家を売る際の対応の1つ、瑕疵担保責任とは、例えば「雨漏り」「シロアリ被害」のように、物件の欠陥等(瑕疵)について、買い主が知ることがなかった瑕疵が購入後に発覚した場合、買い主は、売り主に対して物件の修理や、損害賠償を求めることができるというものです。
あるいは、瑕疵が重大なトラブルとなり、済むこともできないという場合には、契約の解錠も可能となります。このように、売り主の物件の瑕疵についての責任を「瑕疵担保責任」と呼びます。(参考HP|瑕疵担保責任とは – 高く家を売る研究

家不動産売買における売買契約では、売り主側が瑕疵担保責任について責任を取るのか、更に負う場合にはどのくらいの期間について責任が生じるか等の取り決めが行われます。
ただし、買い主が知り得なかった瑕疵(隠れた瑕疵)に関するトラブルは非常に多い為、瑕疵については売り主側が明確に提示を行っておく、あるいは瑕疵が発覚した場合の対応について、買い主と十分に話し合いを行っておくことが重要なポイントになります。
なお、不動産会社が売り主の場合には、2年以上の瑕疵担保責任を負うことが法で定められています。これから家を売るという方は、売り主側に課せられる責任、対応等について十分に知り、物件を引き渡す前に必ず買い主と十分に話し合うようにしましょう。